英会話教室のECEへ通ったことがあります。教師は日本人で、小さなテキストを使ったレッスンでした。僕にとって、このレッスンは、ある意味で非常に有意義でした。ECEのこのレッスンで、教師が日本人であることは、英会話を学ぶ上でハンディにならないということを理解できました。もしかしたら、日本人のほうがいいかもしれません。
なぜなら、日本人の英語教師は、英語を話せない日本人に対する寛容度がとても高いからです。
なぜ日本人が英語をうまく話せないかを理解しているから、教えるのもうまいと思いました。
また、簡単なテキストを読むことを中心に展開されたレッスンも、僕に音読の重要性を教えてくれました。電子機器を使った英語教育システムもありましたが、ECEで、この音読という単純な学習方法が非常に効率的であることを学べたのは有意義でした。
新しい英会話教室はたくさん出来ましたが、ECEのような老舗には、やはりそれなりのノウハウがあります。
英語は日本人から学んだほうが有効であるというのは、僕の実感からすると、本当のことだと思います。

私が高校生の頃、クラスメートの一人が英会話教室に通っていました。
わたしのクラスは英語を専門的に学ぶ科だったので、わざわざ英会話教室に行かなくても、授業で学べばいいのに…とわたしは思っていました。
でも、その人にとっては授業だけでは全く身にならなかったそうなのです。
一対一で学べる英会話教室ということで、講師は外国の方だったそうです。なので、本場の英語を聞くことができます。
そういう意味では、学校の授業とは違っていいかもしれないなち、と思いました。いろいろと内容を聞いてみたのですが、いつしかその人は全く話をしなくてなってしまったのです。
学校生活との両立が難しかったらしく、また、レベルが高くてついて行けなくなってしまったそうです。というわけで、割と早い段階で辞めてしまいました。
何だかもったいないなち、と思ったものです。
でも、どんな内容か聞くことができたので、わたしにとってはいい収穫となりました☆機会があったら、私も通ってみたいな、と思いました。